旬の食材

今が旬です

2017年05月更新

そらまめ…兵庫県但馬産

そらまめは奈良時代にエジプトから日本に伝わりました。名前の由来は実が空に向けて実るからだそうです。

美味しいソラマメの見分け方は、緑色が鮮やかで艶があるものを選びます。また、ふっくらと膨らみ、触った時にしっかりと弾力があり、持った時に重みを感じる物を選んでください

一口メモ

ソラマメを長期保存したい場合は、さやから出して1分ほど塩茹でした物を冷凍します。まだ温かい状態で冷凍庫で一気に冷やして凍らせます。

木の実…兵庫県但馬産

木の実は、「実山椒」と呼ばれる山椒の未熟の実の事です。

香りが高く、「山椒は小粒でピリリと辛い」と例えられるように、少量でも強い辛味が特徴の晩春の食材です。山椒の香りには、食欲を増進し、食材の臭みを抑える効果があります。又、昔から健胃剤や虫下しの薬としても、民間療法や漢方薬の原料として使われてきたと言う歴史ある薬味でもあります。

一口メモ

木の実は灰汁がある為、塩を加えた熱湯で30分ほど下ゆですると良いようです。佃煮が一般的な料理方法で、ピリッとした山椒の風味が食欲をそそります。

うすいえんどう…兵庫県但馬産

甘みが強く、加熱調理するとホクホクとした食感が特徴的です。

関西地域を中心に流通している実エンドウの一種で、ビタミン類やミネラル、食物繊維の他、たんぱく質も多く含んでいるようです。ちなみに、うすいえんどうという名前は、大阪府羽曳野市の碓井(うすい)地区からきているようです。

一口メモ

卵とじや豆ご飯として調理されるのが一般的です。実を取った後のサヤだけで煮込むと、豆の甘いダシを取る事が出来、このダシで豆ご飯を炊くと、よりいっそう風味の増した豆の旨みを堪能出来ます。

山ぶき…兵庫県但馬産

古くから山野に自生している野菜で、栽培は10世紀以前からされていたと言われています。
特有の香りと苦味が特徴の春を代表する山菜のひとつです。

ふきの食用する長い部分を「茎」と呼ぶことがありますが、実際には「葉柄(ようへい)」といいます。葉柄は葉と茎の接続部分のことで、ふきの本来の茎は地下にあります。

一口メモ

ふきを鍋に入る大きさに切り、塩をふりかけ、まな板の上で板ずりした後、たっぷりのお湯で3~4分アク抜きをしてから佃煮にすると美味しく食べられます。

ページトップへ↑